シミ化粧品 人気 ランキング

シミ化粧品とは??

空前の美白ブームといわれる現代では、お店に行くと、美白化粧品がたくさん並べられています。

どの化粧品を使えば、シミに効果があるのでしょうか。

その前に、シミができるしくみ・美白化粧品とはどんなものなのか・・・?

実は良く知らないと言う方も多いと思います。

美白について深く知りたいという方はこちら⇒美白研究所

自分がどのタイプのシミなのか知りたいと言う方はこちら⇒シミを消したい

このサイトでは「シミに効果があった」人気の化粧品をランキング形式で紹介しています。

シミ対策化粧品ランキング

1位

ビーグレン ホワイトクリームex

シムホワイト377(フェニルエチルレゾルシノール)、ハイドロキノンを配合したクリーム。

ビーグレンは独自の浸透技術を使って、美白成分を効かせたいところまで運ぶことができます。

美白は結果が出るまでに時間がかかりますが、ビーグレンは効果を感じるのが早い!という口コミが多数。

早く効果を実感したい人ならコレです。

詳しくはこちら

2位

ドクターケイ ケイカクテルVローション

口コミサイトでベストコスメ1位(化粧水部門)にも入賞しているほど人気の高い化粧水です。

12種のビタミンとヒアルロン酸、コラーゲンが配合されています。

特に美白化粧品というわけではないですが、ビタミンC誘導体が高濃度で配合されているため、肌が垢抜けていくと話題です。

毛穴やハリにも効果があるマルチな化粧水です。

 

詳しくはこちら

3位

デルメッド

デルメッドは、美白成分の研究開発をして、50年の歴史を持つ三省製薬から発売されている美白化粧品。

三省製薬が開発した「ピュールブラン」はシミのもとメラニンの生成を抑える新しい美白複合成分。

「ピュールブラン」をはじめ、美白のための成分を全品にたっぷり配合しているので、本気でシミ対策を考える人にオススメ。

化粧品トータルで美白したいという人にぴったりです。

詳しくはこちら

4位

ポーラ ホワイトショット

シミの原因はそれぞれ様々な視点で研究されています。

ポーラが目をつけたのは、「過脂化」によるメラニン。

しつこい過脂化メラニンにオリジナルの「ブランノール」と「クリアノール」がアプローチ。

ピンポイントで気になる部分を狙い撃ちするアイテムです。

詳しくはこちら

5位

天真堂 エニシングホワイト

1つで7役のオールインワンゲルです。

紫根が入った、透明紫のジェル。

もっちりとした感触で、付けるときゅっとお肌が引き締まります。

朝、洗顔後にはコレひとつでスキンケアが終了します。

忙しいけど、お肌の透明感も欲しい。という方に人気です。

詳しくはこちら

No.1のビーグレンのシミ化粧品を試してみました

ビーグレン シミ用トライアルセット
ホワイトケアセット トライアル

ビーグレンは、以前友人がトライアルセットを試してみたと言っていたので、存在は知っていました。

一度、ホームページを訪れたとき、全く化粧品っぽくないホームページだったので驚きました。

さらに、誰だか良く分からない外人の博士の写真があり、とても怪しかったです

ケラー博士が胡散臭いと思う方はコチラ>>

 

ビーグレンのシミ対策は、実はほかのアイテムと組み合わせ、ラインで使えるようになっています。

トライアルセットがあるので、お試ししてみることにしました。

この化粧品にしても、全く化粧品らしくないですよね。

ですが、ココにもちゃんとこだわりがあり、外側よりも中身を充実させたほうが良いということで、シンプルな容器になっているそうですよ。

美しいパッケージも大事かもですが、それのせいで製品が高くなっていたり、パッケージと中身がつりあってなかったらイヤですよね

 

トライアルセットの内容は・・・・

  • 10-YBローションさっぱりタイプ(30mL)
  • Cセラム(7mL)
  • ホワイトクリームex(7g)
  • クレイウォッシュ(15g)(プレゼント品)

 

10-YBローションさっぱりタイプ

ビーグレン 10-YBローションさっぱり

10-YBローション。

これは、美容液と呼んでもいいくらいの化粧水。FGF、フェニルエチルレゾルシノール(美白成分)などが配合されています。

10-YBは、Ten Years Backの意味

10年前に戻るローションってことです。

しっとりタイプもありますが、こちらはサラリとしたテクスチャーのさっぱりタイプ。

FGFは、肌のハリや弾力を取り戻す高級な成分です。

毎日の化粧水のなかで取り入れられるというのはかなり贅沢です。

しかも、ビーグレン独自の浸透技術により、しっかりと肌の奥に成分を届けるので、FGF美容液を使うよりも効果を感じるのが早いかもしれないです。

ビーグレンの浸透技術って胡散臭いと思う方はコチラ>>

 

Cセラム

ビーグレン Cセラム

こちらは、ビーグレンの人気美容液「Cセラム」。

一般的には、ビタミンCは、化粧品に配合するときに、安定のよいビタミンC誘導体というものに変化させて配合します。

ですが、カラダに入ってからどのくらいビタミンCに変換されているかは謎です

ビーグレンのCセラムは、ビタミンCがそのまま配合されています。

そのまま配合できるのも、ビーグレンの浸透技術があってこそです。

透明の、オイルっぽい質感の美容液です。

肌に乗せるとぽっと温かくなります。これは、ビタミンCがお肌に吸収されて、血行が良くなっているからなんです。

また、肌とのpHの違いによって反応が起きることで、温かさを感じることがあります。

 

ビタミンCには、メラニンの生成を抑える働きがあります。

また、ビタミンCには、できてしまったメラニンを還元する働きもあると言われています。

なので、できてしまったシミにも効果がありそうです♪

Cセラムの詳しい説明はこちら>>

 

ホワイトクリームex

ビーグレン ホワイトクリームex

これが、ビーグレンの美白クリーム「ホワイトクリームex」です。

ハイドロキノンとフェニルエチルレゾルシノール(シムホワイト377)が配合されています。

ハイドロキノンは、できてしまったシミを淡色化する成分。

フェニルエチルレゾルシノールは、これからできるシミを予防する成分。

ダブルで美白を行います。

ほか、カンゾウ根エキスやビタミンCも配合されています。

カンゾウ根エキスは、漢方薬なんかに使われる成分です。

保湿効果や、炎症を抑える作用がありますが、メラニンの生成を抑える効果も強力です。

ビーグレン ホワイトクリームex

ふんわりホイップクリームみたいなクリームです。

ハイドロキノンは、刺激があるとか、使用に注意が必要みたいな感じだったので、最初はビクビクしながら使ってみました。

使ってみると、コクのある優しいクリーム

普通のクリームを使っているのと同じでした。

使い方は、パール1粒くらいの量を取って顔全体にのばします。

今回は、気になるポイントに付けて、残りを顔全体に・・・という感じで使いました。

 

クレイウォッシュ

ビーグレン クレイウォッシュ

 

こちらは、おまけの洗顔料です。

クレイ洗顔フォーム。

どちらかというとさっぱり系の洗顔料です。

私はこの洗顔料好き

ビーグレンの化粧品って、「医療レベルの浸透技術」とか書いてあるから、なんとなく刺激があったりとかそういう効きすぎる化粧品のような気がするんだけど、実際使うと全然違う。

私の肌は、過剰な成分にはスグに反応してしまいます。

かなり人気の高い、値段もはるような美容液などを使うと、ポツポツと赤みがでます。ほぼそうです。

こういうのも敏感肌っていうんでしょうかね。

ビーグレンのも、そんな感じで心配していたんですが、赤くなったり、かゆくなったりすることもなく、ただ、お肌がピンとなるだけ♪

今回、美白のセットを使ってみましたが、シミが薄くなったと実感するのは時間がかかるかもしれないです。

でも、肌のハリが戻ったり、フェイスラインがスッキリするなど、アンチエイジング効果については、スグに実感できました。

それだけでも嬉しい

 

ビーグレンのシミ化粧品 使用前使用後

 

ビーグレン シミ化粧品使用前

写真の赤丸のところにあるシミが気になっている部分です。

ほかのシミは普通にファンデーションを塗れば隠れますが、この部分だけは、コンシーラーを使わなければ隠せません。

この部分をポイントで使ってみることにしました。

手に残った分は、全体に伸ばすようにしましたが、足りない分は、手持ちの乳液などで補いました。

 

ビーグレン シミ化粧品使用後

こちらが、1ヶ月使ってみたあとのシミです。

ちょっと写真では分かりづらいかもしれないですが、だいぶん薄くなりました

まだ、ファンデーションを普通に塗っただけでは隠れませんが、自分で見て、すごく薄くなった気がして嬉しいです。

少量ですが、顔全体にもクリームを伸ばしていたためか、全体のくすみも良くなった感じがします。

ほかの美白化粧品を使ったことはないのですが、ここまで効果が出る物って少ないのでは?

私のシミと、ハイドロキノンが合っていたのかもしれないですが、自分でも驚きです

 

ホワイトケアセット トライアルはこちら

ビーグレン ホワイトクリームex 詳しくはこちら